おすすめのラグビーソックス

ラグビーのユニフォームにおいて必要なラグビーソックスですが、どういったものがおすすめでしょうか。 ラグビーについてもお話ししていきながら、ラグビーソックスを知っていきましょう。

ラグビーとアメリカンフットボールの違い

ラグビーは1チーム15人で、相手陣地の奥にあるゴールラインの向こう側へボールを持ち込み、地面につける事で得点を得ます。ボールの形は楕円形です。ゴールライン上にゴールポストがありますが、それはH型をしていて、横棒はクロスバーと呼ばれています。 パスは自分より後ろに出さなくてはなりません。前にボールが行ってしまうと、不可抗力であれ反則となります。 特徴的なタックルですが、ボールを持っている人にしかできません。

更に、肩より下にしかできません。 また、ラグビーには攻守の境目が無く、サッカーと同じ様に目まぐるしく戦況が変化します。肉体のぶつかり合いが醍醐味です。 一方でアメリカンフットボールは、1チーム11人で行ないます。得点の得方は同じです。ボールの形は楕円形で、同じです。ゴールポストはY型をしています。 違いは、自分よりも前にパスが出せる事です。但し、1回の攻撃のうちに、1度だけと制限はあります。

そして、ボールを持っていない人にもタックルできる事から、防具を着けてプレーします。ラグビーよりも危険性は高いスポーツになります。前述に一回の攻撃とありますが、これはラグビーとは違って攻撃と守備が決まっているからです。野球の様に、攻撃側、守備側が交互に繰り返されます。毎回作戦を立ててからプレーが始まります。 こうに見ていくと、似ているけれども違うスポーツである事がわかります。

ラグビーのユニフォーム

ラグビーのユニフォームは、上は半袖か長袖のラグビージャージと呼ばれているものです。下は太ももが見えるくらいの短いパンツで、上下共にぴったりしている事が多いです。ラグビーソックスは、膝下までのものが一般的です。

アメリカンフットボールのユニフォームは、基本的にはラグビーと似ていますが、パンツは膝が隠れるくらいの長さです。これは、プロテクターを入れる為です。ソックスは、膝下までの長さだったり、くるぶしまでの長さだったり、それぞれです。

ラグビーソックスの種類とおすすめ

ラグビーソックスの種類ですが、一般的には膝下までの長さが多いので、丈は同じくらいです。あとは素材が違います。 ただ、他のソックスと同じ様に、5本指ソックスがあります。指が個々に独立している方が、パフォーマンスの向上や怪我の防止に役立ちます。

おすすめとしては、そういったサポート機能がついているものです。足のアーチを補助してくれるソックスもありますので、快適にプレーする為にも使用してみてください。

まとめ

ラグビーソックスの種類は多くはありません。しかし、5本指ソックスや機能性ソックスがありますので、そちらがおすすめです。

Follow me!