ラグビーソックスの人気デザインについて

ラグビーソックスはどういったものが人気でしょうか。日本ではマイナーなスポーツなので、野球やサッカーの様に目にする機会が少ない事もあり、知られていない事もあります。 ラグビーについてもお話ししていきましょう。

ラグビーについて

ラグビーは1チーム15人で、2チーム間でボールを奪い合いながら、敵陣の奥にあるゴールラインの向こう側へボールを持ち込み、地面につける事で点を得ます。ボールは楕円型をしていて、投げやすい様になっています。パスは自分よりも後ろへ出さなくてはなりません。また、ボールを持っている人にはタックルをしていいので、見ていて刺激的なスポーツです。

ユニフォームについて

ラグビーのユニフォームは、上下共にタイトなシルエットです。これには、相手選手に服を摑ませない様にという工夫からきています。 パンツは太ももが見えるくらいの短さで、下にインナーをつける事がほとんどです。 ラグビーソックスは、膝下までの長さが一般的となっています。

ラグビーソックスの人気デザイン

デザインとして人気なのは、シンプルなものや少しラインの入ったものです。 ラグビーをしている人なら知っている、カンタベリーというブランドのものも人気。ラグビー日本代表のサポートもしているので、認知度は高いです。 また5本指のソックスもあります。足の指はくっついていると非常に不安定になります。

その為、パフォーマンスの低下はもちろん、膝や腰への負担が大きくなってしまいます。それにより怪我を招く恐れも。そこで、5本指のソックスです。指が1本1本独立している事により、本来の力を発揮できます。パフォーマンスアップや怪我の防止に繋がります。

ラグビーとアメリカンフットボールのソックスの違い

ラグビーは膝下までの長さが一般的ですが、アメリカンフットボールはさまざまです。チームで統一されていますが、膝下までの長さだったりくるぶしまでの長さだったりします。 これには、パンツの長さが影響しています。ラグビーは前述の通り短いパンツですが、アメリカンフットボールは膝が隠れるくらいの長さです。

これは防具をつけるので、その関係でパンツも長くなっています。 また、サッカーソックスとも似ていますが、サッカーソックスは脛にサポーターを入れるスペースがありますので、少し余裕のある作りになっています。

#Americanfootball #関東学生アメリカンフットボール #アメリカンフットボール

takeshi-shojiさん(@takeshishoji4569)がシェアした投稿 –

まとめ

ラグビーソックスの人気デザインは、シンプルなものかラインの入ったものです。また、 本指ソックスも人気になりつつあります。

Follow me!